お知らせ

東日本大震災10年によせて 他お知らせ

2021/3/10 三寒四温の言葉どおり冬が行きつ戻りつしている昨今です。緊急事態宣言が延長され我慢を強いられていますが、お元気にお過ごしでしょうか。

明日3月11日で、東日本大震災の発生から10年が経とうとしています。

未曾有の大災害で命を落とされた方々には、心より追悼の意と鎮魂の祈りを捧げます。

我々NPO法人に於いては、震災以降、南三陸町の各地で小さなボランティア合唱会を継続して行い、2017年からは東京にて安田祥子応援団長のナビゲーターによるチャリティーコンサートを毎年行い、当日の募金を被災地へ寄付させていただきました。2018年、2019年には南三陸町との共催で地元の方々と一緒に現地の南三陸町スポーツ交流村「ベイサイドアリーナ」でコンサートを開催することも出来ました。

昨年は新型コロナウイルス感染予防の為に開催を見送らざるを得ず、10年の節目となる今年は、今まで以上に想いを込めて行いたかったのですが、やはり感染予防の観点から延期という決断を余儀なくされました。誠に残念であります。

被災地の人々の心の復興は未だ途中です。私達は歌うことを通して人の絆を繋ぎ、少しでも心の復興のお役に立ちたいと願っております。

合唱団の指導員であり、テレビ・ラジオでも活躍しているソプラニスタ 木村優一の、2017年直木賞受賞、年間ベストセラーとなった恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~シンフォニー音楽劇への出演が決定致しました。

物語に登場するクラシックの名曲を全て恩田陸氏が作詞し、音楽監督は千住明氏。歌、映像などを駆使した芝居、オーケストラやピアノによる生演奏の音楽でドラマチックに表現した新しい形のシンフォニック音楽劇となります。出演は中山優馬氏、池畑慎之介氏、湖月わたる氏他。

木村に於きましては「蜜蜂と遠雷」の公演は2018年1月に第1回、同年5月に2回目、2019年8月には3回目の出演を果たしており、三浦大知氏、家入レオ氏、橋本良亮氏(A.B.C-Z)他の方々と共演しております。

今公演は、横浜公演が3/27(土)~4/11(日)KAAT神奈川芸術劇場、大阪公演4/17(土)~18(日)新歌舞伎座、福岡公演5/1(土)~3(月・祝)博多座にて上演致します。会場は感染予防を徹底しておりますので、ご都合が合いましたら、是非応援の程よろしくお願い致します。

チケットの取扱いは公演公式サイト https://mitsubachi-enrai.jp/ にてご確認ください。



NPO法人音楽で日本の笑顔を



理事長 岡田秀春

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter