お知らせ

2020年12月16日新型コロナウイルスに関する対応について.22

寒さが身に染みる季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの第三波ともいえる感染拡大が続く中、不安な日々を送っておられる方も多いと存じますが、今後も感染予防に努め、お身体にはくれぐれもご留意くださいますようお願い申し上げます。 さて、以前にお伝えしたように、予定通り来年1月から合唱団の活動回数を月2回に戻します。つきましては、合唱活動における新型コロナウイルスの感染予防の新しいガイドラインをお知らせ致します。

NPO法人音楽で日本の笑顔を
 理事長 岡田秀春

新型コロナウイルス感染予防のガイドライン.3

1. 指導員の感染予防

(1) 指導員の体温検査

指導員は合唱活動の当日に検温し、37.5度以上の場合、合唱活動を控えます。その際、他の指導員が赴くように手配を致しますが、手配ができない場合、自主活動を行うか、各合唱団で判断してください。自主活動を行う際は、感染予防を徹底して頂きますようお願い致します。尚、活動の振替はありません。

(2) 指導員及び内勤スタッフの抗体検査受診

従来通り毎月末に、翌月の合唱活動に赴く指導員は、全員新型コロナウイルスの抗体検査を受けてから活動現場に入ります。また今後は事務局の内勤スタッフについても指導員同様、抗体検査を受けることとします。 また体調不良者が出た際は、速やかにPCR検査を受診し、感染・非感染の確認を行います。

(3) マスクの着用

活動中、指導員は必ずマスクを着用します。

(4) 消毒

活動前に、指導員は手指の消毒をします。

2. 合唱団員の感染予防

(1) 体温検査

当日必ず検温し、37.5度以上の場合は参加をお控えください。

(2) マスク

会場では必ずマスクを着用してください(歌っている時にも着用)。フェイスシールドでも可能です。万が一息苦しくなった場合は、無理せず休憩をとるようにしてください。

(3) 消毒

入室する前に手指の消毒をしてください。

3. 指導員及び合唱団員の感染予防

(1) 換気

15分~20分おきに換気を行うので、ご協力ください。

(2) ソーシャルディスタンス

ソーシャルディスタンスを十分に取って着席してください。

(3) 接触回避

指導員との会費、曲集の受け渡しについては、一人一人対応致しますので、間隔を開けてお並びいただくようご配慮ください。受け渡しの際は、指導員と対面ではなく、横並びになり、大きな声での会話などは控えるようお願い致します。

(4) 会場の消毒

会場によっては、活動後の消毒が義務付けされている場合があります。その場合、指導員と一緒に会場のマニュアルに従って消毒作業の実施にご協力ください。消毒用品は指導員が持参致します。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter